子供(幼児)の安全対策。我が家の扉対策が破られた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半年くらい前の話にはなりますが・・。

我が家の部屋の扉は寝室と洗面所・トイレにしか鍵がありません。

次男(当時2歳)がトイレで遊んだり、マルチクローゼット(ウォークインクローゼットもどき)から余計な物を出してきたり、私が寝てる部屋に突撃したりするのを防ぐ為、扉を開けられないような対策を施していました。

ストッパーみたいなのをつけたりしようかと思ったのですが、我が家では一風変わった対策をしていました。

これです。

わかりますかね?

開き戸の取っ手を縦方向に取付けてみたのです。

なんかマヌケですが・・・。

取っ手が通常の横方向なら、少しでも指先が届けば後は体重で下に持ってこれるので、背の低い幼児でも扉を開けることが出来ます。

しかし、写真の様に取っ手が縦方向だと、指先が届いただけでは取っ手を倒すことが難しい為、幼児には扉が開けられないのです。

これで安心だと思っていたのですが・・・。

子供の成長は早かった・・。

あっさりと開けられる様になってしまい、元に戻しました。

秘技、取っ手縦方向破れたり。

嬉しいような、これからどうしようというような複雑な気持ち。

今日も元気にお父さんが寝ている部屋に突撃して来ます。

「子供の安全対策」については、これまで色々と実践して来ました。

新築マンションに入居した当時、次男はまだ4カ月くらいだったので。

テレビボード付近の対策。

和室の檻。

キッチンへの侵入防止。

などなど。

 

今回は「雑記」カテゴリで紹介しましたが、このテーマについては今後、「本気記事」の方でもガッチリ書こうかと思います。

他にもいくつかあるので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. バード より:

    テレビボード回りのベビーゲートが素敵ですね。自作ですか?
    ぜひ、参考にしたいです!

    • じゃばら より:

      バードさん コメントありがとうございます!

      テレビボード周りのゲートは普通に売ってるベビーゲートです♪
      自作なんて、とても私には無理です~。

      本来はベビーゲートを正方形に囲ってその中でハイハイくらいの赤ちゃんが遊びます。
      我が家でも子供が小さい時に使ってました。
      これを長方形に組み直してテレビボード全体を囲ったわけです。

      商品自体は「ベビーサークル 木製」みたいな感じで検索するとこの手の商品が見つかると思います。
      よろしければ参考にしてみて下さい。