24時間換気システムのフィルター掃除の方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回記事「24時間換気システムを1年間使用した感想」でも紹介しましたが、気密性の高い最近のマンションでは、24時間換気システムの重要度は高いです。

ただ、正しく使用し、定期的にメンテナンスを実施しないと、正常に機能しません。

今回の記事では、メンテナンスの内容として重要な、フィルター清掃について紹介したいと思います。  

スポンサーリンク

24時間換気システムの給気口清掃

給気口のフィルター掃除の方法

24時間換気システムは、常時、給気口から外気を取り込みます。

外気は新鮮な空気ですが、その中には、花粉や黄砂、最近話題のPM2.5なども含まれています。 こういった有害な物質は、出来るだけ室内に入れたくないものです。

この場合、重要になってくるのがフィルターの存在です。

最近のフィルターは優秀で、かなりの微粒子まで取り除いてくれます。ただ、それは定期的なメンテナンスと、交換をした場合。

せっかくのフィルターも、つけっぱなしでは効力を発揮してくれません。

フィルター掃除は、それほど難しい事もなく、短時間で終わるので、楽しんでやりましょー。

1、給気口のカバーを外す

給気口がこれです。

IMG_2399

カバーを手前に引っ張ります。

 IMG_2400  

手前に引っ張れば、カポッと簡単に外れます。力も要りません。  

2、フィルターを取り外す

フィルターを留め具と一緒に外します・・・

 IMG_2401  

カバーと一緒で、手前に引っ張るだけ。簡単です。 正面から見ると、外が見えます・・・

IMG_2402

取り外したフィルターがこちら・・・

IMG_2294

Σ(゚д゚;) ヌオォ!? き、汚い・・。

ちなみにこの汚れ、だいたい1ヶ月分の汚れです。  

3、フィルターを洗う

フィルターは水洗いでOKです。

注意点としては、強くゴシゴシ洗ったりしてはいけません。フィルターがダメになってしまいます。

1ヶ月以内くらいの汚れなら、水道水で流せば、簡単にきれいになります。 できれば蛇口が、シャワーになるタイプの方が、汚れが落ちやすいです。  

水洗いしたフィルターがこちら・・・

IMG_2296  

新品同様とはいきませんが、フィルターを目詰まりさせていた汚れは、綺麗に落ちています。  

4、フィルターを乾かす

直射日光は避け、陰干ししましょう。

5、フィルター・カバーを取り付ける

はい、元通り・・・

 IMG_2399

  以上で終わり。簡単です。  

ご覧いただいた通り、1ヶ月でかなり汚れます。

使用環境にもよるとは思いますが、1年間放置したりすれば、フィルターが完全に目詰まりして、十分な給気が出来なくなると思います。

また、フィルターが機能せず、汚れが室内に流入してしまうでしょう。

※まれに、カバーだけで、フィルターが取りついていない物件があるそうです。さきほどお見せしたフィルターの汚れを見ればわかる通り、フィルターなしは絶対ヤバイと思います。入居されたら、ちゃんとフィルターが取り付けてあるか確認しましょう!  

給気口のフィルターの交換

フィルターは水洗いして繰り返し使用できますが、限度があります。

だいたい5回くらいの水洗いを目安にして、交換が必要なようです。

我が家では半年に一回交換しています。

掃除せず、毎回交換するのもありか?

フィルターの価格は、だいたい1枚百数十円が多いでしょう。我が家が使用しているのは10枚で1500円くらいのものです。

定期的にマンション内で、公式に消耗品類の販売会が実施されるので、その際に購入しています。


※【追記】

このマンション内で販売されるフィルターの性能に疑問を感じ、現在では「ビーワンショップ」という楽天のお店でフィルターを購入しています。

これにより、フィルター掃除はやめて、定期的にフィルターを交換しています。


給気口の数にもよりますが、毎月交換するという選択肢もあるかと思います。 我が家でいえば、給気口の数が4つなので、だいたいひと月500円という感じです。

我が家では、私がフィルター掃除が好きなので、好んで掃除しますが、そんな人は少数派でしょう。

月数百円で済むなら、毎回交換してしまうのも一つの手だと思います。

ちなみに、いろんなサイズ・形状のものを楽天市場でも購入できます。


※【追記】楽天市場でフィルター購入してみました!そのレビュー記事はコチラ。

「24時間換気システムのフィルターを楽天で買ってみたのでそのレビュー記事」 

24時間換気システムの排気口清掃

排気口のフィルター掃除の方法

続いて排気口のフィルター掃除です。

排気口と言っても、正しくは、排気ダクトの吸気口のフィルターといった方が良いかもしれません。

1、樹脂製レジスター本体を取り外す

吸気口はこちら・・・

 IMG_2403

  天井から突き出ているこの丸いのは、排気ダクトの先端に取り付けられた、風量調節機構を持った、樹脂製丸型レジスターです。

この本体に、フィルターも取り付けられています。 レジスターの取外し方はいたって簡単、下に引っ張るだけです。

 IMG_2404  

簡単にズボっと外れます。 外した本体はこちら・・・

IMG_2405  

2、フィルターを取り外す

フィルターは、さきほど外した本体に取りついています。 こちら・・・

IMG_2406

爪が引っかかっているだけなので、手前に引っ張るだけで取り外せます。 取り外したフィルターがこちら・・・

IMG_2290

Σ(゚д゚;) ヌオォ!? これもまた・・き、汚い・・。

1週間でこれです。  

3、フィルターを水洗いする

水洗いすればOK。ゴシゴシもみ洗いはNGです。流水で優しく洗い流しましょう。 水洗い後のフィルターがこちら・・・

IMG_2291  

簡単にきれいになりました。  

4、フィルターを乾かす

5、フィルターを取り付け、レジスターを元に戻す

IMG_2403

はい、終わりです。これも簡単でしたー。  

排気口のフィルター交換は不要

給気口のフィルターは、花粉や車の排気ガスなど、細かく有害な物質が室内に入らないようにするものでした。

しかし、排気口では、そういった有害な物質は外に出てもらわなければ困ります。

その為、フィルターは薄いし、目も粗いです。

何のためのフィルターかと言えば、排気ダクトが埃などで詰まったり、汚れたりするのを防ぐためでしょう。

つまり、それほど高機能なフィルターは不要で、頻繁な交換は必要ないと考えられます。

掃除の頻度は多くするべき

しかし、掃除前のフィルターの写真でわかると思いますが、わずか1週間で、かなりの埃がフィルターにこびりついていました。

1ヶ月放置すれば、ほぼ目詰まりする状態です。

このフィルターが目詰まりすると、室内の排気が出来ません。

室内の空気が滞留することになりますから、気密性の高い住宅では、シックハウス症候群などの可能性もあり、人体に悪い影響を及ぼします。

短時間で終わるので、出来るだけ頻繁に掃除をするようにしましょう。

まとめ

  これで、24時間換気システムのフィルター掃除は終わりです。 フィルター掃除は、定期的にやってれば、ほんとに簡単に汚れが落ちます。

めっちゃ汚いフィルターが、水洗いで綺麗になる瞬間は、快感です(笑) この快感を皆様にも、是非わかって頂きたい!

ウチの嫁は、フィルター掃除をバカにします。その重要性をわかっていないのです。私が掃除していなければ、1年間放置されていたでしょう。マジでやばいから!そんなのマジでやばいから~!「またフィルター掃除してんの?」って変人扱いするのヤメテ・・。  

※【追記】楽天市場でフィルター購入してみました!そのレビュー記事はコチラ。

「24時間換気システムのフィルターを楽天で買ってみたのでそのレビュー記事」 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. えりんぎ より:

    奥様のブログからやってきまして、初めからここまで全部読みました!笑
    私もフィルター掃除好きです!わかりますよ〜!!
    いつか奥様に重要さを理解してもらえるといいですね、お祈りしてます。笑

    • じゃばら より:

      えりんぎさん はじめまして。

      コメントありがとうございます。
      おお!フィルター掃除好きの同志がこんなところに!
      なんか嬉しいです。

      初めから読んで頂けたという事で、ありがとうございます。
      更新はボチボチという感じですが、これからもよろしくお願いします。